スイッチバックのある路線の動画を見ました

スイッチバックのある路線の動画を見ました

スイッチバックのある路線の動画を見ました

今はほとんどの鉄道で行われなくなった、スイッチバックの模様を撮影した動画を見ました。
山岳地帯などを走る鉄道の場合は、直線的に上ると急こう配となってしまい、車両が滑って登れない場合があります。
そこで列車の進路方向を変える事で、ジグザグ上に上っていく方法が、スイッチバックなのです。
動画ではその模様が映し出され、駅に到着すると、運転士と車掌が交代して、列車の進行方向が変わります。
またしばらく行って駅に到着すると、再び運転士と車掌が交代するのです。
この様な事を3,4回繰り返して、急な山を登って行きます。
昔はこのようなスイッチバックをして山を登る鉄道は国内のあちこちにあったのですが、今は急な勾配でも登れる車両の登場などで、めっきりその数を減らしてしまっています。
ですからこの様なスイッチバックの模様は中々見られないので、スイッチバックの動画の存在はありがたく感じるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ